TPPを取り巻くあれやこれや…snowmanさんの日記紹介 | つぶやきブログ
2002年の日韓共催のW杯で、韓国マンセー報道の
偏向っぷりに唖然。
その後、政治と欧州サッカーの同時進行で
興味を持ちましたが!?

両方とも中途半端な「にわか」ですw

仕事や私的生活を第一優先するためかなり不定期。
いい加減な管理者で申し訳ありません!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バスルームリフォームの件 / main / 二者択一でしか見ない危険性。反対反対!では、対案は? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
TPPを取り巻くあれやこれや…snowmanさんの日記紹介

snowmanさんちのコメント欄だけでも、かなり勉強になります。
そこに至る背景とか、いろいろね。

----全文転載 mixi-----

昨年の秋、衆院が解散した辺りから、TPPに関係してどうもイロイロと情勢が変ってきているので、あえてTPPに関しては一旦静観モードにして、一歩引いて見て来た。

どうも昨今の風潮を見てると、「ちょっと書いた方が良いかな?」って思ったので、書いてみる。

とはいえ、一応「静観モード」な事に変わりないので、皆は皆で好きにやってくれと思う。


まぁ、ご存知の通り、TPPは菅直人がいきなり「参加するぞー!」と息巻いて持ち出してきた話でもある。勿論それ以前からTPPの話はあった訳だけど、皆さんご存知の通り、TPP原案を考えれば、日本が話に乗る意味が殆ど無い。ましてアメリカが自国の経済悪化をひっくり返す為に前のめりで参加を表明して以降は、日本にとっては「悪い話」でしか無い訳なので、勿論「反対」と言う立場でボクは思っていた。

そりゃそうだ、鳩山が「トラストミー」でやっちまった事の尻拭いの意味合いが鮮明で、菅直人の土下座外交で参加すると言っている様にしか見えなかったからね。

ようは「日本経済差し出すから、これで勘弁してくれ」って感じに見えたからさw

でだ、野田の時点であれやこれや…まぁイロイロあった訳だ。まぁ野田はああ見えて、鳩、菅ほど馬鹿では無いので、ずるずる〜っと交渉参加しますよーって顔してする気も無く時間稼ぎしているように見えていた。

これは野田が馬鹿なんじゃなくて、政府の一貫性の問題なのよ。

鳩がやっちゃった最大のミス(って言うには余りにも酷い)は、政府の一貫性を完全に無視した事なの。

つまり多国間で協議したり決定した事を、日本国内の事情だけでひっくり返しちゃダメって話なのね。鳩は日米安保における重要な決定事項(沖縄の基地問題)を政権変ったから何でも出来るつもりになって、ひっくり返そうとしちゃった訳。

そりゃ米に怒られるは、沖縄にも怒られるわで最悪だったでしょ。

勿論クーデターとか革命とかで政権を奪取して、これまでの国際関係を全部ひっくり返してでも国の方向を急激に変える…ってのならまだしも、そういう訳じゃないんでね。
(そういう場合、えてして国際社会から、その革命政府は承認を得られなかったりして介入されたりもするよねw)

で、結局鳩は尻つぼみ「アホは市ね」で終わった訳。で、話をどうにかしないとマズイってのが、「ふぬけの菅直人」にまかされた訳。

菅直人ってのはご存知の通り、「自分の任期さえ良ければそれでよし。少しでも自分が後で得する話は通す」って人でしょ。震災や原発の対応、その後の「自然エネルギーの件」とか見ててもわかるでしょ?

なもんだから、アメリカに機嫌を戻してもらって、自分だけはその中でなんとか利を得る為に「TPP」「エネルギー法改正」とかは頑なに押し通しちゃった訳だ。

で、野田はしかたねぇから、「はいはい、TPPやりますよー」って事でダラダラ時間稼ぎしてた訳だわ。結局の所、野田は自分の任期中に選挙があるの判ってたし、菅がアメリカに「TPPやる」って言っちゃってるから、同じ政党の政権として表立って「反対」とも言えず、選挙の対立軸にしたらよろしくないってんで、表向きは「賛成」といいながら、出来れば穏便にしておきたかった訳だ。

そういう訳で、現時点にようやくなる訳だね。

で、日本としてどうするかですよ。

選挙中から、自民党内でも「TPP」に関して2分してた。とはいえ、いくら政権が変るからと言っても、上の鳩の話と同じで、「政権変ったから、全部無かった事にします」とも言えないよねって事もある。かといって、これだけ僕らが「TPP反対」ってのを民主降ろしに使ってる以上、思いっきり「賛成」ともいえない。まして先にも書いたけど、アメリカが自分の国の経済効果の為に使います!ってのがはっきりしてる以上は、日本にとっても悪い話でしかないからね。


で、自民党は選挙の時から、「聖域なき関税撤廃ならTPP反対」ってな事を言って来た。


この辺で俺としては「あれ?w」と思った訳。

このあたりが自民党さんが、長年与党を勤めてきた経験のなせる業だわなぁって話なんだわ。

皆は、「TPP賛成なんですか!反対なんですか!」と聞いてるわけじゃない?

それに対して、「○○なら反対」ってのが自民の答えだった訳。

みんなは「yes or no」でしか見て無いから、「自民党はTPP反対!」って思った訳だ。

でも、「○○なら反対」って事は「××なら賛成」って事でもあるんだよw

じゃぁ考えてみよう、「聖域なき関税撤廃なら」ってのが条件だね。

でもさ、TPPとかそういう貿易交渉ってのは、基本的に貿易をスムーズにする話な訳で、TPPの基本は「関税の完全撤廃」な訳じゃないですかw

つまり「部分的に関税を認める」ならそれはもうTPPの趣旨から反してる訳よ。

ようするに「部分的な関税を認めたらTPPは終わり」な訳。

だから選挙中は、「そんなのありえねーじゃんw」って事で、「自民党はTPP反対」と受け取ってもまぁ間違いじゃなかった訳だw。

で、選挙終りました。結果は皆さんご存知の通り。安倍ちゃん総理になりました。

でね、問題になるのは、米に対して菅がやった「TPPやりますからゆるしてちょ」っていう話な訳よ。

これ反故にすると鳩と一緒。かといって菅と同じ事やるわけにも行かない。

で、安倍ちゃんどうしたかって言うと、凄いことやったでしょw

安倍ちゃん怖い人だよアンタ…w

オバマさんを脅迫したでしょw

あんなにニコニコしてやられた日にゃ、たまらんわなw まぁ、その代りも持っていったけどねw

あの日米会談のお話は 『「アメリカさんも自動車とか農産物とか関税や障壁を無くしちゃうと困る物もありますよねぇ。日本にもあるんですよイロイロと。だからアメリカさんだって全部の関税とか無くしちゃう訳に行きませんよねぇ。日本も同じなんですよ。で、アメリカさんはTPPで全部の関税とか無くしちゃうんですか?オーストラリアとかインドネシアとかも参加するそうじゃ無いですか、それでもアメリカさんは関税なくしちゃうんですか?そうじゃないですよねぇ。アメリカさんはなくされたら困る関税や障壁は守るんですよねぇ。日本は全部の関税や障壁を無くすんだったら、この話乗れないんですよ。それは理解して下さいね。でも部分的に関税を残せるんだったら乗ってもかまわないんですけどねw、で?アメリカさんはどうするつもりなんです?」ってな事を話しましたら、「アメリカは自動車などの部分的な関税は残させるつもりだ」ってオバマさんが言いました〜』ってのが安倍ちゃんが日米共同声明の会見で言った事ね。

これもの凄いずるいやり方ですよw。

まぁ言い方悪いけど、「虎の威を借る狐」ですわよ。それ以前に、虎を脅してるし。

ようするに、TPPで全部の関税無くしたら、日本はアメリカの自動車業界を潰すよって脅してる訳だわw その上で、ついでにオーストラリアあたりはアメリカの食肉業界を潰すでしょうし、インドネシアはアメリカの穀物業界を潰すでしょうなぁ〜と言ってる訳。

※一箇所訂正。
インドネシアは参加国じゃないね。すいません嘘書いて。


その上で、アメリカは他の参加国に自分の所の部分関税や輸入障壁を「認めさせるつもりだ」って事を自白させちゃった訳だね。その上で、アメリカがそれやるなら日本も一緒ですよって事を言ってる訳で、当初の「全部なくします」だったらこの話は無かった事で…って事にして「共同会見」しちゃった訳だね。

その上で、「日本はTPP参加に前向き」って言った訳だわ。

これだと、かなり話は変ってくる。

確かに、「TPP賛成・反対」のyes/noで言うと、「反対」から「賛成」でまったく逆になってるんだけど、アメリカはそういうルール作るときにかならず「自国に有利な話に挿げ替える」っていう、通称「ジャイアニズム」を使う訳で、それはそれは綿密に参加国を追い込んで、結果としていつも美味しい所を持って訳だけど、今回はその尻馬にヒョイっと乗っかった形だよね。

まぁ、上手くいくかどうかは、アメリカの背中の上から振り落とされないように、ロデオの人みたいに「ヒャッハー」する必要があるけどね。

ようは、もう「TPP交渉」じゃねーんだわこれw。

だって、それらの部分関税や輸入障壁を網羅したら、日米間ではTPPがあろうが無かろうが関係ないじゃんw 

で、日本は「米だけはNG」って言ってる訳じゃ無い。
コメをはじめとした農業関係はNGだし、保険やらもNGよって言ってる訳でね。
つまり医療分野はいろいろ交渉しますよって話な訳だ。

それ以外だとどーなる?

司法サービスとか?  日本の腐れ左翼って大抵「弁護士」じゃなかった?
マスコミとか?  犬HKとか蛸とかアサピとか赤坂不動産とか?

知らんよそんなのw

 

で、それらの部分関税や輸入障壁が守られないなら、話は乗りませんって言ってる訳。
参加表明以前に、そう言ってる訳なので、いつでも「それが守られないなら交渉からおります」って言えるわけだぬ。

日本だけがそういう事を言うなら、それは我がままだけど、もっと我がままな子が居るんだから、それぐらい良いだろって話であってさあw

こうなると、他の参加国はたまったもんじゃない。そんなのTPPの趣旨に反する!って揉めるよね。

それで、TPPが無くなっても日本は別に痛くもかゆくも無い。

「あーあ、TPP入りたかったなー、でもみんなが辞めちゃうなら仕方ないねー」な話。
(どの口がそんな事を…って言われるかも知れないけどねw)

米主導の部分関税や輸入障壁が守られて、それに付随して日本の条件も飲まれるなら、別に参加しといて損は無い。

つまり相当汚い話なんだなw…で、結構汚い手なのをやってる本人は良く判ってるし、一部で潔癖症な人達が居るんで、喋る時は口幅ったく成っちゃう訳だわw。

おれは、日本の国益の為になるなら、汚い事でもドンドンやってくれって思ってる腹黒い人間なんで、全然OKだけどね。あくまでも「日本の国益」が重点な訳よ。

でも居るでしょ?潔癖症な人。ちょっと困るんだよねw

でだ、こんな無茶苦茶な条件をアメリカによく飲ませられたね…って話なんだけど、それの見返りに持ってったのが、「リニア」でしょw

あれも、人によっちゃ「あーあー、また日本の技術を〜」とか言うかもしれんのだけど、こっちはこっちで裏がイロイロあるんだわ。 アメリカリニアの話は、これはこれで物凄い一杯話があるんで、ここはチョッと脇に置くけど、あの話、アメリカからすりゃ相当美味しい話だよね。なにより雇用が得られる、いわゆる21世紀のニューディール法案だわ。

でも、あれ日本にとっても相当美味しい話なんですのよw。
お金の話だけじゃなくて、安全保障の点でもね。
あれやったら、当分アメリカは日本切れなくなりますのよ。

ヒントはレールw

…まぁそれは置いといて…

そんなんあるんで、オバマの現在の難局を打開するには話しに乗るしか無かったって感じだろうね。と言う訳で、オバマをお馬にしちゃいましたって感じなってる。(荒馬だけど)

と言う訳で、長くなったので一度まとめると、

・当初のような話なら乗らない
・日本に有利な話なら乗る
・最初の交渉はオバマにやらせる

って事になってる訳だねw

で、その後どういう事になってるかってぇと

・米議会; おいオバマ、なに日本の話しに乗ってんだよ!そもそもお前に決定権ねーだろ!
・他の参加国: おい、それじゃTPPじゃねーだろ、米は何勝手な事言ってんだよ!

そんな感じw

米議会の件は良いんですよ、オバマと取り交わしたって事は米にしても「継続性」って話が出てくる訳で、米議会が反故にするなら、日本も反故にします…って話になる訳でね。

他の参加国が認めないなら不参加にすりゃ良い訳でね。

それら全部ひっくるめて、米議会も他の参加国も話を飲むなら、「参加します」って話な訳だから。


そういう作戦の真っ最中な訳なので、日本は胸を張って「交渉参加するよ」って言ってる訳だわw

で、それだけだったら、ほっとこうかな〜と思ったんだけどさぁ、ここに来て、マスコミさんがこんな記事を書くわけだ。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130315-OYT1T01753.htm?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
「だまされた」と反発…自民候補を応援の団体

ね、始まったでしょ?

結構マイミクさんでも「YES or NO」で反応してる人居るでしょ?

あんたら、3年半前、の事もう忘れちゃった訳?って思うわなw

で小沢ちゃんとかがこんな事言い始めてる訳。

TPP「米に押し切られる」=小沢氏
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2360388&media_id=4

ね、よーするに、国民はYes or NOでしか見て無いから、この間まで「反対!」って言ってた人が「賛成」って言うと、裏切られたとか言う訳さ。

そんなんでよく、「アメリカ依存からの脱却」とか言えるよねって話なんだわ。
そういう人は、アメリカから離れる事しか考えてないよね。

「この後スタッフが美味しく頂きました」ってのが、戦後日本が繁栄して来た道なんだよね。

自動車?半導体?原発? みーんな美味しく頂いちゃったじゃないw

まぁ、でか過ぎて一度に食えないし、無理するとおなか壊すからさ、チマチマ〜っとねw。
(こんど頂くのはエネルギーっすよーw)

とにかく、TPPに関しては、その根元からかなり流動的になってますんで、一番表面の「Yes/No」だけじゃ全然判断できないし、議論の根元になる「条件」がぐらっぐらになってます。

昨日までの情報が、今日には古くなってるなんてのも、先日のシャープの話じゃねーけど、イロイロあるんで、その辺りを見てから判断しないとダメっすよーって話でした。


で、忘れちゃいけないのが、以前日記に書いたこれね。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1884994647&owner_id=38445

とりあえず夏までね。

と言う訳でよろしく。あたしは寝るw

政治について / comments(0) / - / koppi /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする