スペイン・スーペルコパ1stレアル対バルサ | つぶやきブログ
2002年の日韓共催のW杯で、韓国マンセー報道の
偏向っぷりに唖然。
その後、政治と欧州サッカーの同時進行で
興味を持ちましたが!?

両方とも中途半端な「にわか」ですw

仕事や私的生活を第一優先するためかなり不定期。
いい加減な管理者で申し訳ありません!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フジはここまでやるか!サッカーファンよ、怒れ!! / main / スーペルコパ2nd(バルサvsレアルマドリード) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
スペイン・スーペルコパ1stレアル対バルサ

JUGEMテーマ:欧州サッカー


★レアル・マドリード(4−2−3−1)
カシージャス
ラモス ペペ カルバーリョ マルセロ
ケディラ シャビアロンソ
ディマリア エジル クリロナ
ベンゼマ

★バルセロナ(4−3−3)
バルデス
ダニエス・アウべス マスチェラーノ アビダル アドリアーノ
チアゴ・アルカンタラ ケイタ イニエスタ
アレクシス・サンチェス メッシ ビジャ


怪我開けでベンチスタートのチャビとブスケスがいないバルサの展開力のなさが目立つ前半。
合流して間もないメッシが若干、二重あご?ちょっと気になるぅ。

マルセロとマッチアップしてた新加入のアレクシス・サンチャスは、初スタメンとは思えないくらい馴染んでましたね。
ただしチームは、シーズン最初とはいえレアルのプレッシャーを跳ね返せず展開力も足りず、メッシが孤立気味。
2列目のチアゴのパス&ゴーも見られず、守備面でもレアルをつぶしきれないバルサ。
それに対し試合を優位に進めたのはマドリーだったが、得点ではそうならなかった。

前半8分、左に上がっていったクリロナからいい形でクロスが入り、ベンゼマヘッドが炸裂したがGKバルデスがセーブ。
ベンゼマは切れ味の良い動きをしていた。

13分、ビジャからメッシへのパスがカットされ速攻でやられたバルサ!
ディマリアのパスが右サイドのベンゼマへ通り、マスチェラーノがまた抜きパスで切り裂かれ、ベンゼマが真中へ横パス!
そこへタイミング良くエジルがエリア内に侵入し、左足のシュートでゴール

その後もバルサはパスを上手くつなげることができず、いつもの美しい攻めが見られない。


しか〜し!!

35分、ビジャの個人技で素晴らしいゴールが!
メッシのパスを左サイドエリア手前で受け、切り込んでから強烈なシュートがゴールネットの右上へ一発。



45分、リスタート後?
チアゴやケディラ、ぺぺらの混戦中、
レアルのミスでこぼれたボールに
すぐさまエリア内に抜け出したメッシが
ゴールを破った。




レアル支配の試合でしたが、これしかなかったというような2度のチャンスを得点に繋げたバルサ。
1−2のリードで折り返す。


後半、モウリーニョは試合を振り出しに戻す。

53分にディ・マリアOUT→ベンフィカから来たコエントランIN

その直後、ダニアス・アウべスが防御したが
クリロナの左サイド突破でCKをゲット!

このセットプレーから、ペペがキープ後エリア手前のシャビアロンソに落とす!
倒れ込みながら放ったグラウンダーなシュートがゴーール!
同点に追いつく。

2−2となった後

57分、チアゴ・アルカンタラ→チャビ
レアルはケディラ→カジュホン

61分、アドリアーノ→ピケ
72分、ビジャ→ペドロ

80分、ベンゼマ→イグアイン
ベンゼマのゴールが欲しかったですね。

バルサはシャビがピッチに立ち追加点を狙い
マドリーはクリロナ、エジル、イグアインで攻め上がるが、
ラフプレーで中断しつつ試合は、最終的に2−2で終了。

スペイン・スーペルコパの1st。
内容が伴ってなかったがアウェーゴール2点で優位に立ったバルサ!
カンプノウの2ndは、どうなりますかね?


クリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
リーガエスパニョーラ / comments(0) / trackbacks(0) / koppi /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://acmilan1899.jugem.jp/trackback/353
トラックバック