2011 チャンピオンズリーグ決勝戦 | つぶやきブログ
2002年の日韓共催のW杯で、韓国マンセー報道の
偏向っぷりに唖然。
その後、政治と欧州サッカーの同時進行で
興味を持ちましたが!?

両方とも中途半端な「にわか」ですw

仕事や私的生活を第一優先するためかなり不定期。
いい加減な管理者で申し訳ありません!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2011、CL決勝戦!もうすぐ! / main / ミランでのロナウドの記憶 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
2011 チャンピオンズリーグ決勝戦
JUGEMテーマ:欧州サッカー


昨夜は早寝して、私も臨戦態勢で3時半には起きましたw

スタメン
バルサ 4−3−3

1列目 ビジャ メッシ ペドロ
2列目 イニエスタ ブスケツ シャビ
3列目 アビダル マスチェラーノ ピケ アウべス
GK               バルデス

後半41分ビジャ→ケイタ
後半43分アウべス→プジョル
後半47分ペドロ→アフェライ



スタメン
ユナイテッド 4−4−2

1列目 ルーニー エルナンデス
2列目 朴 ギグス キャリック バレンシア
3列目 エブラ ヴィディッチ ファーディナンド ファビオ
 GK         ファン・デルサル

後半24分ファビオ→ナニ
後半32分キャリック→スコールズ


バルセロナが3−1で勝利し2年ぶり4度目のビッグイヤー。
ルーニーは果敢に挑んだ感はありますが、チーム的にはバルサ圧勝。
少ないチャンスをしっかりと得点につなげた時は、マンUもいけるか?と思ったのですが、そうさせてくれないのがバルサクオリティ!

メッシがMOM。
俊敏性がずば抜けて、更にタイミングのずらし方が一級品。
切り替えしの動きの速さは人間離れしてるし、我がミランのネスタやチアゴでもあたふたさせられちゃいそう。
このままいけばメッシは3年連続、バロンドールか??後足りないのはアルヘン代表でのタイトルくらいですね

バルサは強すぎだから、もうわざわざ他から選手なんて買わないで、カンテラだけで十分じゃないですかあ?(笑)

バルサの完成度の高い攻撃パスサッカーを見せつけられ、あらためてまともにバルサに対応できるのはモウリーニョくらいなのかと思った。
昨年インテル指揮してる時もそうでしたし、レアルマドリーでも国王杯では苦戦しつつもバルサを破りました。
ヒディングチェルシーも苦しめたことあった。
でもあれは、シャビじゃなくても"アンチフットボール"
って批判したくなるくらい ドログバ以外は全員引いて守ったドン引きサッカーでしたからね〜。
 

メッシ


カップ


さて試合内容に戻します。
マンUは、前線でキープできる選手が足りません。
エルナンデスがこんなに存在感がなくなってしまうとは、交代してもいいくらいだった。
パクチソンも疲れが見え バレンシアにもイエローカードが出始めボールも取られたりで、チームとしての力の差を見せつけられた感じ。

前半!
開開始直後から10分程まではマンUのペースだった。
パクがよく走り、前線から厳しいプレスでボールを支配していたように感じた。

その後、試合は落ち着き予想どおりのバルサキープ。
ペドロのシュートやビジャが立て続けにシュートを放つなど、徐々にゴールマウスに近づく。

前半27分、ペドロゴール。
中盤でシャビがボールを持ち、中央を狙ってメッシが後方からダッシュ。
これにヴィディッチが注意を向けられ、横を走っていたペドロが外へ開きフリーに!
このタイミングを見逃さないシャビの視野の広さと判断力すごっ。
スルーパスが通りペドロがGKとの1対1を突破!

これでマンU終わりかと思ったら、すぐに追いついた。
前半34分。ルーニーゴール。
バルサのスローインを奪い、ルーニーがパス&ゴーで前に出て、ギグスへパスを出し、ギグスが即座にルーニーにリターン。
それをルーニーが決め同点弾!

これで面白くなった・・・って一度は思ったんですがね。

そんなたやすくはいかない!

後半9分、メッシゴール。
PA手前で前を向いたメッシがドリブルで急加速。
そのまま左足を鋭く振り抜き、ゴール。

もうマンUはバルサのパスを追いかけ続け疲れが出てきたが、打開しようとファビオを下げてナニを投入する。バレンシアを一列下げ撃的にしたけれど・・・。
直後にバルサが決定的な3点目が!

後半24分、ビジャのミドルシュート。
入ったばかりのナニがPA内でボールを奪われ、右サイドからメッシがドリブルで中央へ切り込み、その後マンUにボールを取られた?でもすぐにブスケッツが奪い返し、後方のビジャへパス。
エリア外からビジャが前にいたDFに当たらないようなきれいな弧を描いたボールで、ゴール右上に突き刺した。

かなり厳しい状況となったマンUは、キャリックを下げてスコールズを投入したが、もう遅し・・・。
バルサは終盤、交代カードを切り続ける余裕で、最後まで反撃させなかった。
点差以上の圧勝でした。

今回は、マンUにも勝たせてあげたい気持ちもあったんですが・・・。
お疲れ様でした。
とにかくバルサがやってきますね!一度はメッシの生プレーみたいし、ビジャみに行こうっと!
ミーハーな私(笑)

クリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
CL / comments(0) / trackbacks(0) / koppi /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://acmilan1899.jugem.jp/trackback/336
トラックバック