2010−2011を振り返る!パート1 | つぶやきブログ
2002年の日韓共催のW杯で、韓国マンセー報道の
偏向っぷりに唖然。
その後、政治と欧州サッカーの同時進行で
興味を持ちましたが!?

両方とも中途半端な「にわか」ですw

仕事や私的生活を第一優先するためかなり不定期。
いい加減な管理者で申し訳ありません!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ピルロ(泣)、そして前々監督からアッレグリまで / main / 2010−2011を振り返るパート2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
2010−2011を振り返る!パート1
JUGEMテーマ:欧州サッカー


今季ミランは23失点で失点が少なかった。2位のインテルは42失点で守備に課題を抱えてたのがよくわかります。
得点はミランが65に対しインテルは69得点で4得点上回ってますが、得失点差は、それぞれ41と27。ミランは安定してますね。

優勝の立役者を一人選ぶことはできませんが、この堅い守備に"ほぼシーズン通して貢献"したチアゴ シウバとその指揮官のアッレグリ監督の功績をまずは称えたい。

フォメ1011チアゴはネスタと最強のCBコンビ。
加入した当時はネスタに依存してるって言われたこともあったけど、今季はファウル最小でボール奪取、フィジカル、スピード、先を読む力等・・・
CBとしての安定感、今後長きにわたって期待できそうな将来性、ミランへの忠誠心もある。

またネスタとの2人が揃ってない交代要員でしたが新加入のジェペスが(以外にも?)
しっかり穴を埋めてくれた。

さらにチアゴの奥様♪
「ミランで現役を全うすべき!」奥様と共にミラノの街とミランに愛着を感じてる様子。バックアップしてくれる家族の存在は頼もしい!


マルディーニやネスタもミランでの後継者と言ってるように、チアゴはワールドクラスの実力派に成長しました。

離脱もほとんどなく、もちろん出場停止もない優等生!←(カードコレクターのボメルやガッツ、イブラへの嫌味じゃないからねw)

たまに前線が停滞してる時にはチアゴからの正確なロングフィードで攻撃チャンスを作ったりしてた。ネスタもたまにやるね。

ボメル(1月の加入)が、アンカーの位置に定着するまで、慣れない中盤の底で使われた時もあったが、そこでもパスやテクニックをちらっと見せたり。
もともと守備的MFもやってたんでしたっけ?

ネスタが年齢とともに故障しがちなので、チアゴはミランで今後大きな役割を果たしてくれるはず!


来季はメクセス加入で、ローテーションも可能になりCBの負担も軽減されますね。
(数年前からダヴィド ルイスも気になってたがミランには来ないよね。
とにかく、再度ビッグイヤーを掲げるには他のポジションの補強も必須。ここでは省く。)

アッレグリ監督。
過去の経歴も知らないし地味?で控え目なタイプでだったこともあり全く期待してなかった!

が!しかーし!

すぐに芯の強さを発揮した。
前線にイブラヒモビッチ、ロビーニョの補強という要素を加味したとしても、ベル爺様お気に入りのファンタジスタ(ロニー)を躊躇なくベンチに追いやったのには驚かされた!
守備と攻撃サッカーを実現するためと、ベル爺さんも納得してたのかなぁ。

守備的MF+イブラの攻撃、イブラいないときにはパト、ロビーニョと1月に加入したカッサーノの3人をうまく使いこなした。
イブラにも依存せず(ってか終盤出場停止だったから依存できずw)過度に一人の選手に頼ることなく状況に応じた布陣でチームを牽引し結果を残したのは素晴らしい。

ピルロの長期離脱でアイディアを失い、厳しい戦いを強いられるかと思ったが、その点もうまく補えた手腕はさすがです。
アッレグリは、フォメ図のようにCB2人の壁の前には守備的アンカーを常に配置し攻守でバランスを取っていた。
ボメルが入った後、強固になったのは、その後の更なる失点の少なさをみてもわかります。
カテナチオを再度彷彿させる守備、ピルロ離脱した後のケアーもし、当初は合わなかったイブラとパトを最終的には共存させたり、ロビーニョやカッサーノもうまく使い分けてたと思う。

またピルロの不在は、ボメルだけでは無理だったでしょう。

プリンス(ボアテング)をトップ下、冬の移籍でとったボメルをアンカーに置く采配などでピルロ不在を上手く補ったようにも思う。

プリンスはマイケルさながらのムーンウォーク♪で盛り上げてくれましたがw
上手いのはダンスだけじゃありません!

パート2へ続く

クリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへ
ACミラン / comments(0) / trackbacks(0) / koppi /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://acmilan1899.jugem.jp/trackback/333
トラックバック